読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレやると良い事いっぱいありますよ。

40代目前にして筋トレの魅力に取りつかれた私が、試行錯誤の中で気づいた事、学んだ事をお伝えしています。

筋トレは毎日やるべき?それともダメなの?

f:id:mers-quartet0001:20170318215137j:plain

筋トレについて色々調べてると、
「筋トレを毎日やるのはよくない」
と書いている人もいますし、
「部位別に分けて毎日やるべき」
と書いている人もいます。

色んな意見があるのは
筋トレ界の常ですが、
こうした正反対の意見があると、
戸惑ってしまいますよね?

今日はそうした疑問にお答えできれば、
と思い書いてみます。


目次


筋トレを毎日やるべきか?

筋トレを毎日やるべきかどうかは、
私も初心者の頃迷っていました。

その後色々調べて今は1つの見解を持っているので、
シェアしたいと思います。


同じ部位を連日鍛えるのは逆効果

筋トレではしっかり鍛えて
筋肉を披露させたら、
回復の為の休養も必要です。

なので、以前腕立ての記事に書いたように、
同じ筋肉を毎日鍛えても、
持久力と根性は鍛えられますが、
筋肉増量の効果は期待できません。

enjoyworkout.hatenablog.com


部位毎に分割して鍛える

ただし、日替わりで違う筋肉を鍛えれば、
毎日筋トレする事はできます。
これを「分割トレーニング」とか、
「スプリットルーティン」と呼びます。

これはある程度経験を積んだトレーニーは
ほぼ採用している事です。

具体的には身体を大きく分け、
それをルーティンで鍛えていきます

このルーティンのサイクルは4~5日が多いです。
人によっては1週間サイクルの場合もあります。


分割トレーニングのメリット

分割トレーニングの利点は、
毎日鍛えながらも、部位毎にきちんと
回復期間が取れる事です。

それによって、筋肥大に効果的です。

また、筋トレは1時間~1時間半が
理想的な長さだと言われています。

長すぎると集中力も持たないし、
筋肥大にも悪影響があるそうです。

分割する事で1日に取れる
トレーニング時間が短くても、
全身をバランスよく鍛える事ができます。


ダブルスプリットルーティン

ちなみに、スプリットルーティンは
1日1回の筋トレですが、
1日2回やる場合、
「ダブルスプリットルーティン」
と呼ばれます。

この方法のメリットは、
より細かく分割してそれぞれ鍛えられる事と、
筋トレ後の代謝の良い状態を
ほぼ1日中キープできる事です。

減量したいなら、
この方法を採用するのは
非常に効果的です。


筋トレ分割メニューの一例

・1日目 背中、肩のトレーニング
・2日目 胸のトレーニング
・3日目 脚のトレーニング
・4日目 腕のトレーニング
・5日目 体幹のトレーニング

お察しの通り、これが私の最近の
トレーニングです。

私は筋トレが最高のストレス解消で、
やらないと落ち着かないので
基本的には休みはありません。

だいたい朝45分程度、
時間効率を追求しつつ
鍛えています。

時短トレーニングのコツについては
こちらの記事を参考にしてください。

enjoyworkout.hatenablog.com


私の失敗談

私は最初、市営のジムに4~5日い一度通うだけで、
その日に全身鍛えていました。
長い時は5~6時間鍛えていました。

最初の1年はそこまで効果が出なかったのは、
これも原因だと思っています。

実際、その後分割トレーニングを採用し、
部位毎に毎日鍛え出してからのほうが、
筋肥大の効果が出たと実感しています。

効果が出なくて困っている方は、
一度試してみる事をおススメします。


まとめ

・同じ筋肉を連日鍛えても筋肥大しない
・分割してローテーションする事で、
毎日筋トレできるし効果も出やすい。

筋トレを毎日やる習慣がついてから、
さらに「習慣化した」実感があります。

さらには筋トレによる良い効果の記事に書いたような、
良い効果も強まった気がします。

enjoyworkout.hatenablog.com


by筋トレやると良い事いっぱいありますよ。