読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレやると良い事いっぱいありますよ。

40代目前にして筋トレの魅力に取りつかれた私が、試行錯誤の中で気づいた事、学んだ事をお伝えしています。

オーバーワーク(オーバートレーニング)したらこうなりました。

f:id:mers-quartet0001:20170330085640j:plain

オーバーワーク(オーバートレーニング)
は直訳すると「トレーニングやりすぎ」です。

私もこれには気をつけていましたが、
先日ちょっと調子に乗てやりすぎたら、
大変な事になりました。


目次


この冬は風邪もひかなかった

筋トレを始めて2度目の冬でしたが、
全く風邪をひきませんでした。

元々健康な方には大した事では無いかもしれません。
ただ、私は元々免疫が弱いのか、
毎年何度か風邪をひいていました。
こじらせて肺炎、気管支炎になった事もあります。

そんな私が冬の間全く風邪をひかずに過ごせたのは
とても嬉しい事でした。


減量期突入をきっかけに…

そんな中、そろそろ春を感じる時期になり、
夏に向けて減量を始める事にしました。


食事を減らしました。

まずは食事制限。
総カロリーを減らすのですが、
たんぱく質は減らせません。

なので、脂質は全カット。
炭水化物もまずは3分の2に。

今考えると急激すぎるのですが、
イケイケ状態だったので
「まぁ大丈夫だろう」
と甘く考えていました。


毎日有酸素運動をしました。

しかも、調子に乗っていた私は、
毎日30分の有酸素運動まで
通常の筋トレメニューにプラスしました。

具体的には30分のステップ運動で、
Youtubeを見ながらなので、
大した苦ではありません。

これまでも、減量はこの方法を使ってきて、
うまくいっていたので、
特に問題は無いと思っていました。


睡眠も不足気味でした。

ただ、この頃本業で抱えた仕事と、
個人的に勉強したい事が重なり、
睡眠時間が不足気味でした。

今考えるとこれが良くなかったと思います。
何となく疲れを感じていましたが、
「週末たっぷり寝ればいい」
と甘く考えていました。

その結果…

そんな日々が続いた週末、
朝起きたら喉が痛くなっていました。

熱はそこまででもなく、
一日普通に過ごしましたが、
夜になるとどうも熱っぽい。

測ってみると38.2度。

翌日病院に行くと、
案の定インフルエンザでした。

まとめ

この例は特殊な例かもしれません。
オーバートレーニング云々以前に
たまたまインフルエンザにかかっただけかもしれません。

ただ、師匠に話したところ、
トレーニングのやりすぎは免疫力を下げる
との事だったので、
やっぱりやりすぎだったと反省しています。

何事もやりすぎは逆効果です。
みなさんも疲れが抜けないと感じたら
休む事も大切ですよ!

あと、睡眠大事です!