読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレやると良い事いっぱいありますよ。

40代目前にして筋トレの魅力に取りつかれた私が、試行錯誤の中で気づいた事、学んだ事をお伝えしています。

ながら筋トレとかダイエットって効果ある?

f:id:mers-quartet0001:20170320041929j:plain

この前大型の書店に行って、
筋トレ系の本が置いてあるコーナーで
どんな本があるのか見てました。

最近は忙しい方が多いからか、
「ながらトレーニング」とか
「ながらダイエット」というのが、
一定の支持を得ているようです。

ネット上でも多くの記事がありました。

筋トレは続ける事が大事です。
「ながら」トレーニングが合っていて、
続くという方はそれでいいです。

ただ、ながらトレーニングで
続かない、効果が出ないという方は、その

「ながら」

が原因かもしれません。

そうした想いから今回の記事を
書いてみました。


目次

ダイエットならいいかも

ながら筋トレ、ダイエットというのがありますが、
個人的にはダイエット目的なら
いいんじゃないかと思います。


有酸素運動との相性は良い

ダイエットでは、消費カロリーを増やす事が大事です。
なので、テレビを見ながらでも、
家事をしながらでも、
運動するのは効果があります。

特に有酸素運動との相性は良いと思います。
有酸素運動では、
そこまで運動内容を意識する必要はありません。
一定の運動を一定の時間続けていれば
効果がでます。

私も減量期にはテレビを見ながら
ステップ運動をします。

筋トレして、30分ステップ運動をして、
摂取カロリーも制限すれば、
面白いほど体脂肪が落ちていくので
おススメです。


筋トレには向かない

ただ、筋肉を発達させる為の筋トレでは
ながら法はやめた方がいいと思います。


筋トレは集中力も大事

筋トレをする時は、集中する事が大事です。
筋肥大に適切な刺激を与える為には、
ターゲットとなる筋肉を
限界まで追いこむ事が大切です。

その為には、トレーニング中は
鍛える筋肉に意識を集中させる事が大事です。
全く無理とは言いませんが、
少なくとも私はテレビを見ながら
できる事ではないと思っています。


効果の測定も大事

また、「時間のある時に身近なものでやる」
というトレーニング法もあるようです。

代表的なものにアイソメトリックトレーニングがあります。

例えば両手を腕の前で合わせて力を入れたり、
絶対動かせないようなものを押したり引いたりして、
要は「動作は起こらないが筋肉に力は入っている状態」
を作り筋肉を疲労させる運動です。

これ自体は意味もあり効果もあります。
実際、私も補助的に使う事はあります。

最近は毎朝出勤前に、
自宅でダンベルトレーニングをするのですが、
例えば胸の日に追い込みきれない時は
出勤中の信号待ちで、ハンドルを使って
トレーニングを追加する事はあります。

ただ、これだけで筋トレを続けようとすると、
続かない原因になるかもしれません。

筋トレの面白さの1つに、
やった分だけ効果が出るというのがあります。

ただ、適切に効果を出す為に
筋トレ開始初期にやるべき事は
ある程度決まったルーティンです。

ルーティンを組み、継続する事で、
そのルーティンの効果が測定できます。

思いつきの日替わりではこれができません。

ながら筋トレでもしっかりルーティンを組めば
効果の測定は可能だとは思います。ただ、
「空いた時間に出来る事をする」
というのが主流のようなので、
トレーニング内容も思いつきの
日替わりになりがちのようです。

これでは効果が出なくても何が原因なのか
わかりづらいので改善しようがありません。

効果が出ない時期があまりに長いと、
挫折の原因になりかねません。

また、初期に必要な「ウェイトが上がる楽しさ」
も実感しづらいのでもったいないな~と思います。


集中した10分の方が大事

あと、これは個人的な心情ですが、
一日中「暇さえあれば筋トレしよう」
と考え続けるのはキツイと思います。

実は私もやった事があるのでわかります。

20代前半の頃に、旅行添乗員の
仕事をしていました。

毎日美味しいものが食べられて、
とても幸せでした。

ただ、調子に乗って2カ月間
毎日腹いっぱい食べ続けたら
気づいた時には8キロも体重が増えていました。

やばいと思いましたが、仕事がらジムには行けません。
やむなく時間のある時に腕立てしたり、
階段を上り下りして、食事も減らしました。

その時は3カ月くらいで何とか元に戻せましたが、
筋肉はつきませんでした。

結果が出たので良かったですが
結構きつかったです。
特に今考えると
「よくあんなのやったな」
と我ながら感心するほどです。

今は筋肉を増やす事をある程度理解できているので
当時と同じ状況になっても、
ある程度までは筋肉を増やす筋トレはできると思います。
ただ、実際にやるとなると、正直ウンザリします笑

やはり短時間、10分でもいいので、
きちんとウェイトで負荷がかけられる状態で
集中して筋トレをしたほうがストレスなく
気持ち良くトレーニング出来ます。

筋トレの時短については以前書いてますので、
参考にしていただければと思います。

enjoyworkout.hatenablog.com


音楽程度ならOK

というわけで「ながら筋トレ」には
否定的な私ですが、
ハードな筋トレでも音楽は
聞く事が多いです。

というか、最近は自宅トレばかりなので、
ほぼ間違いなく聞いています。

自分の気分が上がる音楽をかけると、
気分が乗ってきます。

ただ、ラジオなんかはダメですね。
つい意識が向いてしまうので…。


まとめ

痩せたい、ダイエットしたいというなら
ながらトレーニングでもいいと思いますが、
筋肉をつけたいならおすすめしません。

少ない時間でもいいので、
集中した方が効果が出て
楽しくなり続くんじゃないかと
思います。